日本の世界遺産

今度のお休みにはどこに行こうか?

北は北海道から、南は沖縄まで、日本にもたくさんの世界遺産があります。事前にちょっと知識を得てから出かけてみると、新たな日本の魅力が見えてくるかもしれません。日本の世界遺産めぐりを是非、したいものです。

ユネスコの世界遺産に登録されている、日本国内の文化・自然遺産は、2007年現在、14あります。文化遺産が11、自然遺産が3です。複合遺産はありません。

●文化遺産

・法隆寺地域の仏教遺跡(1993年12月)・・・奈良

・姫路城(1993年12月)・・・兵庫

・古都京都の文化財(1994年12月)・・・京都

・白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年12月)・・・岐阜・富山

・原爆ドーム(1996年12月)・・・広島

・古都奈良の文化財(1998年12月)・・・奈良

・日光の社寺(1999年12月)・・・栃木

・琉球王国のグスク及び関連遺跡群(2000年12月)・・・沖縄

・紀伊山地の霊場と参詣道(2004年7月)

・石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年6月)・・・島根

●自然遺産

・屋久島(1993年12月)・・・鹿児島

・白神山地(1993年12月)・・・青森・秋田

・知床(2005年7月)・・・北海道

その他、日本政府は、登録の前提となる暫定リストに次の8箇所を挙げています。2007年現在、文化遺産候補が7件、自然遺産候補が1件です。これらの価値が認められると、世界遺産として登録されることになります。

●文化遺産候補

・鎌倉の社寺や構造物(1995年1月)

・彦根城(1995年1月)

・平泉の文化遺産(2001年6月)

・富岡製糸場と絹産業遺跡群(2007年1月)

・長崎の教会群とキリスト教関連遺産(2007年1月)

・飛鳥・藤原の宮群とその関連遺跡群(2007年1月)

・富士山(2007年1月)

・国立西洋美術館本館(2007年9月)

●自然遺産

・小笠原諸島(2007年1月)

●複合遺産

なし


世界遺産の知識