古都京都の文化財

1993年に法隆寺と法起寺をはじめとする「法隆寺地域の仏教建造物」がユネスコの世界文化遺産に登録されたのに引き続き、その翌年の1994年には、修学旅行でもお馴染みの金閣寺、銀閣寺をはじめとする「古都京都の文化財」が同じく、世界文化遺産に登録されました。さらにこの後、1998年には、大仏で有名な東大寺、正倉院をはじめとする「古都奈良の文化財」も文化遺産に登録され、日本の世界遺産ブームに火をつけたといっていいでしょう。

「古都京都」とは、京都府京都市・宇治市、および滋賀県大津市一帯です。文化遺産登録の基準、2,4を満たしていると認定されました。

基準2:「ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。」具体的には、「京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとって主要中心地であった。そのように、京都は日本の文化的伝統の創出において決定的な役割を果たし、特に庭園の場合において、それは19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えた。

基準4:「人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。」具体的には「京都の現存文化財における建築と庭園設計の集積は前近代における日本の物質文化のこの側面に関する最高の表現である。」

対象となったのは、金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)の他、「清水の舞台」で有名な清水寺、庭で有名な西芳寺(苔寺)や龍安寺、さらに、上鴨神社、下鴨神社、東寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西本願寺、二条城です。

京都には、他にも「鴬張り廊下」で有名な知恩院や、京都御所、嵯峨嵐山、桂離宮など、世界遺産に登録されて決して不思議ではない物件が多数あります。実際、これらの物件の追加登録の計画がもちあがっています。


世界遺産の知識