ギリシア アクロポリス遺跡

ギリシアには、ユネスコに登録された世界遺産が14件あります。なかでもギリシア古代遺跡のハイライトは、アテネのアクロポリス神殿でしょう。これは、人類文明の遺産といっていいのではないでしょうか。

アクロポリスとは、「高い丘の上の都市」という意味です。ここには、古代の聖地、神殿が建てられて地です。また、ポリス、つまり(都市国家)の要塞としての意味も果たしていました。

現在、アクロポリスへは比較的楽にアクセスできます。路線バス、市内観光バス、それに各ツアーの貸切バスなど・・・。でもやっぱりお勧めは? テクテクと・・・いえ、ゆっくり、のんびりと歩いていくのがいちばんではないでしょうか? アテネ中心部、できればアクロポリスの周辺に宿を取り、街並みを散策しながらゆっくりとアクロポリスに入っていってはどうでしょう? ちなみに、アクロポリスの入場券はディオニオス劇場、ゼウス神殿、ローマン・アゴラ、古代アゴラ、ヘファイスト神殿、アタロスの柱廊博物館、ケラミコス遺跡、といった名だたる名所の数々に入場可能です。

アクロポリス駅からでもいいですが、ちょっぴり運動もかねて、ビクトリア駅から南へ、オモニア広場へ向かい、アナティナス通りを抜けていくとローマン・アゴラ、古代アゴラに出ます。アクロポリスは丘の西側が入り口となっていますので、そこから西へとまわり、丘へ入っていくと現代から古代へと悠久の歴史を自由に旅できるのではないでしょうか?!

アクロポリスは、以下の登録基準が認められ、世界遺産として登録されました:

基準1:人類の創造的天才の傑作を表現するもの。

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準3:現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠となるもの。

基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。

基準6:顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの。


世界遺産の知識