オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、正式にはオーストラリア連邦は、オセアニアに位置する、世界でも6番目に面積が大きな国です。南東にはニュージーランド、北にはインドネシア、パプアニューギニア、東ティーモールが存在します。英連邦王国の一国です。英国連邦とは、英国、すなわち、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の王座にある者、すなわち現在の国王である女王エリザベス二世が、各国の女王としても君臨する主権国家を意味します。現在は16カ国で、オーストラリアもその一国であるということです。かつて英国の植民地にあったという歴史を反映してのことですが、現在はそれぞれが独立し、英国に従属しているということはありません。「君臨すれども統治せず」の原則が貫かれているのです。

豊かで、独自の自然をもつオーストラリアには、自然遺産を中心として16件のすばらしい遺産がユネスコの世界遺産に登録されています。文化遺産が2件、自然遺産が10件、さらに複合遺産が4件です。

★文化遺産

王立展示館とカールトン庭園 - (2004年)

シドニー・オペラハウス - (2007年)

★自然遺産

グレート・バリア・リーフ - (1981年)

ロード・ハウ島群- (1982年) ※

オーストラリアの中東部の多雨林保護区群 -(1986年)

クイーンズランドの湿潤熱帯地域 -(1988年)※

西オーストラリアのシャーク湾 -(1991年)

フレーザー島 -(1992年)

オーストラリアの哺乳類化石地域(リヴァーズレー/ナラコーアテ) -(1994年)

ハード島とマクドナルド諸島 -(1997年)

マッコーリー島 -(1997年)

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 -(2000年)

パーヌルル国立公園 -(2003年)

★複合遺産

カカドゥ国立公園 - (1981年)

ウィランドラ湖群地域 - (1981年)

タスマニア原生地域 - (1982年)

ウルル-カタ・ジュタ国立公園 - (1987年)


世界遺産の知識